それでもちょっとは進行中
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ハイアガール・メイキング

どうも朝陽です。
おなじみ「夕暮れ社 弱男ユニット」来年初っ端に本公演があります。

夕暮れ社弱男ユニット「ハイアガール」特設サイト

またまたフライヤーイラストを描きましたよ!
デザイナーはこちらもおなじみ孝学 直氏です。

今回はちょっと趣向を凝らして
フライヤー製作のメイキングをお送りします。
記事の続きからどうぞー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



それ程遠くもない某月某日、
孝学さんから「弱男フライヤーのデザインやるんだけど、絵描ける?」とメールが。
喜んでーとさっそく合って焼きトン食べながら打ち合わせを。

代表・作の弱男・村上さんから頂いたその時の覚書ではまだストーリーがハッキリせず、
ほぼほぼタイトルのイメージだけでどんな感じにするか話をすすめていく。



「ハイアガール」≒「這い上がる」ということで「女子とクライミング」みたいなが指標が出来、色々登る、落ちる場面を書き出してみたんですがどれもなんかしっくり来ず。
「弱男で女子って言ったらいままでは若いJKでしたけど、今回は歌舞伎町のキャバ嬢でどうですか」と。
「そんでもって雪山で裸足とか」と、私。
そこから「白・赤2色」「横画面」などのイメージが出てきて
だんだん固まっていきました。

----------------------------------------------------------------

打ち合わせでかたまったイメージをもとに描いたラフ絵
一応カラーでも描きましたがやはり2色でいこうということに。

表側
裏側



このラフで考学さんが出してくれた初期デザイン。
もう大体ここでデザインの骨格はほぼ決まってますね。カッコイイです。


あんまり時間もなかったので、「多分大丈夫だろう」という予想の下に
村上さんの確認を待ちつつ本番作業へ移行します。
こういうスケジュール、返事がダメだったら全て水の泡なのでリスキーなんですが
ここらへんは馴染みのユルさというか…(村上さんも孝学さんも先輩なので)
まぁそれくらい時間がなかったってことなんですけどね!

---------------------------------------------------------------------------------

焼きトン打ち合わせのとき既に図案を考えながら同時に使用画材を考えていました。
今回は背景を絵の具で、人物をペンで別々に描いてPC上で合成しようということに。

こちらが背景。スキャンしてグレースケールに変換済。

私はアルシュ紙の細目〜極細が好きなんですが、
今回は紙のマチエールをなるべく出したかったのでワトソンに透明水彩とアクリル。

と!
ここで村上さんからのお返事襲来セリ。
なんと「人物の顔が…」ということで急遽練直しです。
村上さんと孝学さんの言うことにゃ「朝陽さんの女子は笑ってる顔がいい」と。
雪山で?裸足で?笑ってるの?
「それは、えーと…『妄想代理人』のオープニングみたいな感じでよろしいんですか?」
「いやそこまでは…怖い感じじゃなくて希望がある感じで…」
「雪山でドレス着た女が笑ってたらどうしたって怖いですよ!」


というわけで、狂気と希望の狭間を目指していざ征かん。
(僂錣蕕坤好譴心(基本形として)
⊂个辰討(座り)
笑ってる(立ち)

いろいろ相談したあと、人物も大きめに描ける、という理由でに。
笑い方がこれで正解だったかどうかは謎のままです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

人物下絵(右手に迷った)

ケント紙にペン入れしてスキャン。
ここから骨董級photoshop5.5での作業に入ります。
ちょっと手が大きかったのでそこらへんも修正したりで線画完成。

ドレス、髪、爪などを別レイヤーで塗ります。
そうだ、ストッキングを履かせよう。そして破かせよう。もちろん別レイヤーで。

「越えてきた修羅場を感じさせるボロボロ感で」というオーダーだったので
擦り傷、手のあかぎれっぽいの、口紅など、線画の一部を赤くします。
わざとらしさと痛々しさの間で調整しつつ。

これで人物完成です。

--------------------------------------------------------------------

さて、次はアナログに戻って素材づくりです。
背景には描いていなかった足跡やワインのこぼれ跡など。



人物、ハイヒールなどの小道具、そしてこの足跡素材などを
フォトショでひとつの画面にまとめるとこんな感じに。


素材はカットしてパースに合わせて拡大縮小変形して乗算してるだけ。
人物の足元やヒールの下部分など雪に隠れる所は白色ブラシで上書きして隠しています。
そんなに難しいことはしてないですね…。

---------------------------------------------------

さて出来上がったものを孝学さんへ投げるともちろん調整が帰ってきます。
そう!こういう時の為にバカみたいな数のレイヤーに分けているんですね!
オーダー通り人物の配置修正と、ヒールのリテイクをします。



そして完成形がこちらです。






裏側のワインは孝学さんで選べるように
「ワイングラスのみ」「飲みかけワイン」「汚れ」「口紅跡」にレイヤーを分けてあります。最終的にはワイングラスのみが採用されたようです。

--------------------------------------------------------------

ここから先は孝学さんにバトンタッチで私はただ頂いたデータをみて
「こーがくさん、がんばってー!」と応援する係に徹します。
大体いつも考学氏デザインに依存はないのですが、
今回は「横の赤い帯はベタにしようかなぁ」とこの画像を頂いたので


「グラデの方が湿っぽくていいですよ!」と力強くグラデを推しました。


そしてこちらが最終完成のフライヤーです。
どうです!なかなか良い出来ではないですか!(時間的に考えると尚更)
既に関西地方ではチラホラ配られているようです。見かけた際は是非お手元に1枚!


長々とありがとうございました。
メイキングの公開を許可してくださった考学さん、村上さんありがとうございました。

「ハイアガール」公演は2016年1月20より、チケット発売中です。
詳細は夕暮れ社弱男ユニット「ハイアガール」特設サイトへ
http://yuuguresya.com/hiagirl/ 

ではまたどこかで!
お仕事のこと comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








あさーひさん、ツイッターが無いのでここから失礼します
「15分メモ 12」を描いて下さって有り難うございました
深々とお辞儀をするヒラサワさんを見たとたん
私は泣いてしまいました。

見ていると少し辛い気持ちになるけれど
でも、色々な「善い」感情について考えさせてくれる
素敵なメモとなりました
また、次のライブ会場でも
あさーひさんとすれ違えますように。
もう一度、ありがとうございました
from. 通りすがりの馬骨 | 2015/12/04 22:07 |
お返事遅くなってすみません。

わぁぁ…!ありがとうございます!
最終日のお辞儀、
私には羽根の生えたヒラサワさんよりも印象深かったです(笑)。
DVDにも収録されるといいですね!

コメントを残しにきてくださって嬉しいです。
ありがとうございます!
次回もまたすれ違いましょう〜!
from. あさーひ | 2015/12/25 16:26 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://0peranhour.jugem.jp/trackback/95
<< NEW | TOP | OLD>>